2014年05月04日

太陽光発電 実績 レビュー 4回目♪♪♪

5月は、晴天が多いし、発電日和だな!!って、
太陽光パネルを設置して約1年がたったので、
もとが取れるか計算して見ました。

実績データ
年-月、    発電量、 売電量
2013年04月 1107 kwHr、 914 kwHr
2013年05月 1349 kwHr、 1152 kwHr
2013年06月  979 kwHr、 778 kwHr
2013年07月 1013 kwHr、 774 kwHr
2013年08月 1107 kwHr、 871 kwHr
2013年09月  970 kwHr、 795 kwHr
2013年10月  781 kwHr、 631 kwHr
2013年11月  801 kwHr、 636 kwHr
2013年12月  665 kwHr、 467 kwHr
2014年01月  789 kwHr、 545 kwHr
2014年02月  320 kwHr、 167 kwHr
2014年03月  992 kwHr、 752 kwHr
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
売電量合計 8539 kW-Hr
発電-売電量合計 2391kW-Hr (家で消費した分)

売電は、42円/kw-Hr
家消費分は、25円/kW-Hr を使うと、
8539 x 42 + 2391 x 25 =358,638 + 59,775 = 298,863円/年

7.2kWの太陽光システムが290万円だったから、
約9.7年で投資分は回収できそうだということが分かりました。

余剰電力の買取制度が、10年間あるということを考慮すると、
ちょうど、初期投資分が無くなるようになってるわけですね。
パワコンの老朽更新が10年毎にあるので、
その分ぐらいは、
10年後以降も高めに買い取って欲しいものです。

ちなみに、この結果から、10年目から太陽光が儲かると思ったら間違いですよ。
自分の家で使ってる電気代を差し引いたらプラスになることは無いです。
儲けたければ、10kW以上のシステムを組んで、20年間買取してもらいましょう。
(ただし、発電事業者扱いになります。)
posted by フラッシーハッシー at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記