2019年06月23日

塩尻市で、そば!! 〜ちはる〜

朝から松本空港の方に行く機会があったので、
塩尻市で、時間つぶして、
お昼を塩尻市内で取りました。

塩尻で蕎麦食べたという知人からの情報で、
ちはる という店があるとのことだったので、
駐車場もあるし、駅のちかくのその店に行きました。

冷たいそばのメニューをみると、
せいろそば 1000円って、
文字が飛び込んで、結構高い?
と思ったら、どれもせいろは2枚でのようです。(大盛は、3枚)

下:「辛み大根おろしせいろそば」1100円
s-DSC_0337 1.jpg

下:「わさびそば大盛り」1300円
s-DSC_0336 1.jpg

そばの味は、美味しいです。
弾力があって、みずみずしい系です。
弾力は細い糸こんにゃくというか、
有名どころだと、小木曽製粉所のそば、に近いというか、
あれをチューニングしたような感じだと思います。
それなりに、人気ある系だと思いますが・・・。
そばの食感はこれだ!!というのは、人によってかなり振れ幅あるので、
北信の人がいうところの、これだ!!ではないかもね。
(個人的な意見です。)

わさびそばの”わさび”も美味しかったです。

わさびそば、の”わさび”は、
世間一般的な人が想像する、根っこを擦った”わさび”じゃないです。
わさびの茎葉を漬けて刻んだものです。
シャキシャキして、
食べた瞬間にわさびの風味が口の中に広がります。
涙を出しながら、うまいと言って、どんどん口に入れたくなる系です。
辛いもの好きな人は是非食べてほしいです。
信州に住んでいると、たまに近所からもらうことはあるのですが、
スーパーとかで売っているのかは、よくわかりません。
野沢菜のようにメジャーではないです。

中信の食堂とかで、たまに出してくれます。
自分で漬けたものなのかな?
なんて思いながら、ついついオーダーしてしまします。

信州に来たら、そば食べて帰ろうって、一般的には思うかもしれないですが、
安曇野の近辺に来たら、ぜひ、わさびの茎葉の刻んだやつを食べて帰ろうって、
思ってもらいたいですね。
タグ:食べる
posted by フラッシーハッシー at 11:00| Comment(0) | 食べれビュー